第80話/できるかな♪


でっきるっかな、でっきるっかな♪

ある日曜日。今日はマユねえとフミとオレの3人で工作です。
実は夏休み前に、マユねえが学校の図工の時間に作った「コリント・ゲーム」があって
それを見たら楽しそうだったので「家でも作ろう!」と夏休み中に作るつもりで
材料を買っていました。が、、、夏休み後半に仕事でバタバタしていたら
作らないまま材料起きっぱなし。忘れられそうになった頃に思いつきで作り始めました。
「コリント・ゲーム」とはパチンコやピンボールのことです。
打たれたピン(釘)がギリシャのコリント式支柱に似ていることから
「コリント・ゲーム」と呼ばれます。

さて、買ってあった材料は。。。

●ベースにする板(厚さ15mm程度)
●角材(ビー玉の直径よりも少し大きいサイズ)
●釘
●輪ゴム
●ビー玉   以上です。

まずはベースになる板に、好きな絵を描きます。
授業では木の板に直接描いたんですが、今日はきれいに仕上げたいのと
板に描くよりも紙に描いた方が描きやすそうだったので
まずは紙に描きました。それをスキャナーで取り込んで
厚手の写真用紙にプリントした物を台の板に貼り付けることにしました。

さて取り込む絵を描きましょう!
これが時間かかりました。

マユ「なに描こうかなぁ〜〜」
フミ「モンスターズ・インクは?」
マユ「ジェシーにしようかな?」

描き始めます。

マユ「やっぱりバグズ・ライフにしようかな?」
フミ「あ、フミも!」

別の紙にまた描き直し。スキャンするべき絵が描き上がるまでに
1人5枚以上の絵を完成させていました(笑)
2人の作るのを見ながらなので、オレは適当にMacで遊びながら作ります。
KISSのアルバムのアートワークをスキャンして、合成します。
目指すは70年代にあったKISSのピンボール・マシン風。
いま現物を買うと50〜100万くらいするのかな〜?
そんなもん買えないので、似た風なコンパクトな物を自作します(笑)

さてスキャンして、明らかに汚してしまった汚い部分だけを修正加えて
プリンターでプリントします。自分の絵がプリンターから出てくるのが
楽しいようで、2人も大はしゃぎ。
プリンターから出てきた絵を台となる板に貼り、次は釘打ちです。
好きなところに好きなように打ちます。
2人が指示する場所にオレは釘を打ち付けます。
さぁ〜釘が打ち終わったらその釘に輪ゴムを引っかけましょう。
そこまで出来たらビー玉を入れて、動きをチェック!!
それぞれイイ感じです。2人も納得。
そして発射する部分の角材を切ってボンドで貼り出来上がりです!

ゴムで跳ね返ったり、手作り故の雑さが、球の行方を予測させず
飽きないんですよこれが! しかも釘にコン、コンと当たる音がいいんです。
リクも夢中で遊ぶし、オレもヨメもヒマがあればこいつで遊んでます。
アナログなおもちゃって味わいがありますね。
本当に飽きません。一度やりだすとしばらくやめられません。

興味がある人は自分でもぜひ作ってみて下さい。
工作は1日あればできてしまいます。そこそこ楽しい休日を過ごせますよ。
ゲームが完成したら、球の行方をじっくり眺めながら耳でも楽しみましょう!




●左上/マユねえ作   ●右上/フミ作   ●下/パパ作